宮島沼の渡り鳥

美唄市には渡り鳥で有名な宮島沼がある。 鴨や雁などいろいろな渡り鳥が何万匹も 沼を訪れ、夕方になると沼の寝床へ 戻って来るその飛来は圧巻である。 沼鳥光彩—伊豆沼の冬の渡り鳥 種村ひろし写真集出版芸術社種村 ひろしユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湿原の色も移り変わり

釧路湿原の色もすっかり秋色になったが、 もう冬の訪れが近い事を感じさせる。 湿原の中を流れる釧路川には ふるさとへ帰って来た鮭達が上流へと急いでいる。 まっぷる知床・阿寒 網走・釧路湿原2012 (まっぷる国内版)昭文社ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ことりっぷ 知床・阿寒釧路湿原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白鳥のいる湖の夕日

道東の湖には白鳥が飛来して来る。 寒いシベリアから越冬するためやって来る。 疲れを癒すように夕日が疲れた身体を照らす。 暫くはこの湖が君たちの寝床だね。 PT-046 宍道湖に沈む夕日/島根県 「美しい日本 - 秋・冬」ポストカード写真工房山口 博之ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の夜長は

最近は秋も深まり、陽が暮れるのもすっかり早くなった。 秋の夜長は読書でもして、のんびり過ごすのがいいだろう。 遠くの森ではフクロウがボウボウと鳴いている。 フクロウには忙しい夜なのか。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

冬の前に咲き誇る珊瑚礁草

今年の秋はサンゴ草があまり咲かなかったと聞いた。 冬前に赤く色づき咲き誇るサンゴ草。 自然環境が変わってきているのか、 人により環境を壊しているのか寂しい事だ。 青い珊瑚礁の海から生まれた、ヨロン島の塩「じねん」 300g京都太秦しぜんむら長寿を願ってつくられた、与論島生まれの海塩。 製造国: 日本 原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋色から冬色へ向かう日勝峠の山々

大雪山ではもう初雪も降り 旭川付近では雪の便りも聞かれた頃だが、 十勝を望む日勝峠の山々にもそろそろ 冬の便りが聞かれる頃だろう。 狩勝峠なまそば(細麺)200gつゆなしあきんどぐるーぷ・まいど■特徴そば粉にとろろを練りこんだ、なめらかでもちもちとした、食感に仕上げました。■商品内容【原材料名楽天市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋のトラピスト修道院

北風が吹く頃、ここの森にも冬が訪れる。 静寂な森は時間が止まったかのように、 季節も止まっている。 最後の秋を楽しんでいるかのように。 トラピストの素朴なお菓子たち—「Mrs.MOA」のレシピノート雄鶏社大西 章子ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ベルギービール ロシュフォール6 330ml…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富良野の丘にも色づく頃が

外に出ると空気が一段と寒くなって来た。 日中の日差しはまだ暖かさもあるが、朝晩冷えて来る。 色づきが深まるに連れて、寒さも増す。 富良野の丘にも秋風が吹きいつの間にか北風に。 富良野ラベンダーの丘殺人事件 (徳間文庫)徳間書店木谷 恭介ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 喜びと祝福のあふれる丘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積丹半島に吹く風は北風に

積丹半島の海から吹く風はもう北風。 冷たく肌に突き刺さる。 浜では秋からもう冬支度なのだろう。 大雪の山ではもう雪の便りが聞かれている。 風の岬—積丹半島 神威岬 (青菁社フォトグラフィックシリーズ)青菁社金澤 靜司ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕焼け小焼けで日が暮れて

小さい頃から夕焼けが大好きだった。 遊び疲れて家路に着く頃、空には夕焼けが。 赤だったりオレンジだったりピンクだったり。 いつも違う顔を見せてくれる夕焼けが大好きだった。 子どものセンスは夕焼けが作る新潮社山本 美芽ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 【送料無料】バリアート絵画 L 縦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霞む港町函館

函館は港町。海に囲まれている。 霧や霞が函館山にかかる。 元町の坂の上から麓の街を見下ろすと、 かすかな靄が不思議な光景をつくる。 【うまさ発掘!おとりよせ】五島軒 函館港町カレー 200g 6箱 新さっぽろ店ダイエー楽天市場店海の幸を完熟トマトと伝統のソースで煮込んだコクのあるシーフードカレーです。1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more