テーマ:イラスト

札幌駅の北口の北大通りには、今も古本屋がある。 以前は多く見られた古本屋も、どんどん数が減って来て 今は僅かだ。それでも専門書などを探しに学生が いる光景は、いいもの。自分の学生時代に古本屋を 巡っていたことを思い出す。 イラストレーター佐藤正人のHP イラストレーター佐藤正人のブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イラスト散歩も久しぶりなので、今回からは 北海道新聞の毎週金曜日の夕刊で連載中の 「いしかり散歩」を掲載して行ってみますので、 よろしくお願い致します。 1回目は札幌市は中央区にある札幌時計台。 札幌へ行ったら必ず見に行く札幌一番の観光スポット。 でも街中にあるので、以外と期待はずれの場所でもあります。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新年を迎える頃

今年もあと僅か。3日で新しい年を迎えます。 今年1年を良き思い出にして、新しく迎える年が 更に素晴らしい事を願って、初日の出を拝みたいものです。 全ての人に良い年が来ますように!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初雪の頃

今年の初雪は例年より遅れている。 しかし街中にはゆきむしも現れ その時ももう少しだろう。 運河を走る海風もいつもより冷たく感じる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の教会のある坂道

長かった夏の暑さがなつかしいように 今は寒い程の北風が吹いている。 教会のある坂道も秋風に紅葉が揺れる。 雪むしもちらほら現れ後少しで雪が降るのだろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏のひまわり畑

真夏の太陽に向かって ひまわり達が黄色の花を開いている。 丘は黄色の絨毯で敷き詰められる。 夏の最後を楽しむように蝶達も飛び回る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岬を巡って

海風が心地よい岬の散策路。 遠くでは漁船が漁から帰って来る。 暑い陽射しだが風が和らいでくれる。 カモメ達も気持ちよさそうに海風に乗っていた。 琉球ガラス工房直販! 手づくり・沖縄県産琉球ガラス■サン・シャイングラス(赤)  琉球ガラス工房海風【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】琉球ガラスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖畔にて

深い森に囲まれた静かな湖畔にいると 時間も忘れてしまう。 ゆっくり流れる時を感じながら大きく深呼吸。 澄んだ空気を身体いっぱいに詰め込むように。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の湖畔

新緑の湖畔の向こう側、 シカがこちらを眺めてる。 喉が乾き水を飲みにきたのだろうか。 思いもかけない訪問者にお互い見つめ合うばかり。 国武久巳『湖畔新緑』シルクスクリーンアート静美洞商品の詳細 作品名湖畔新緑作家名国武久巳技法 シルクスクリーン額寸76×58cm絵寸55×36cm 楽天市場 by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あたたかな風が海辺の丘に吹く。 丘には春の花が咲き誇る。 太陽をいっぱい浴びて 喜びを表しているように。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あたたかな風が吹き始め 丘を走る風も心地よい。 山の緑も少しずつ 淡いグリーンに塗り替えられている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花咲く丘に

丘に花が咲き始め丘一面 黄色いジュウタンが引き詰められたよう。 花の香りも風に揺られ 街へと運んでいる。 決定盤 日本の歌ベスト100(CD)COCQ-84215-19【全品ポイント10倍!3/23 23:59迄】コロムビアファミリークラブ4988001980971CD5枚組100曲[収録曲]DISC-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少し春らしく

北海道にもやっと春らしさが少しづつ近づいて来ました。 あんなに多かった雪達も溶けて来て、 地面では土が顔を出し始めています。 後もう少しで素敵な季節がやって来ます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オホーツクの流氷

遠くサハリンから流れて来た流氷が オホーツクの海に辿り着く。 でも岸に寄ったり沖へ流れたり 北風が流氷を運ぶ。 まだ遠い北国の春。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静かな冬の夜

冬の静かな夜は空を見上げてみたい。 澄んだ空気で空の星達がいっぱい出ている。 手を伸ばせば掴めそうなくらい直ぐ目の前に。 雪が全ての音を包み込み、輝く星から音が聞こえて来るようだ。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

冬の凧揚げ

新年も明け、冬休みのお正月時期よく凧を手作りしていた。 竹ヒゴを糸で結び、半紙に絵柄を描き貼る。 出来上がった凧を雪の原っぱで挙げてみる。 北風に吹かれ、今年の念願を込めて空高くまで。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オホーツク海の流氷接岸

北海道の冬の寒さも厳しくなった頃、 オホーツク海では流氷接岸の知らせが聞かれる。 流氷を見た事があるが海を覆うその光景は 北国の冬の厳しさをあらためて発見するものだった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

剣淵町の朝日から

絵本の町、剣淵町。ここには絵本の館があり 多くの絵本作家も訪れるちいさなふるさと。 自分の「ムーニャとほしのたね」もここから生まれました。 ウサギのムーニャも町のキャラクターとして親しまれ 町のあちらこちらにもムーニャがいます。 ぜひ今度訪れてみてください。素敵な町ですよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年あけましておめでとうございます!

2012年の初日の出は襟裳岬の初日の出。 海からの強い海風が吹く岬の先で、 水平線の向こうから眩しい程の太陽が、静かに登り始める。 今年は良い事がたくさんありそうなそんな願いを叶えるように。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の初日の出

今年もあと1日で2011年も暮れようとしてます。 今年1年の感謝を込めて、来年2012年が皆様に とって素晴らしい1年を迎えられますように、 初日の出のイラストで今年は締めくくります。 また、来年もよろしくお願い致します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕暮れに染まる日本海

年の瀬を迎え、故郷へ急ぐ人達が乗り込む船。 いろいろな思い出を持って、お土産話を持って 気持ちは故郷へ向かってる。 静かに静かに暮れ行く夕日の中で、故郷へ向かう船。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の湿原に沈む夕日

静かな冬の湿原に夕日が沈む。 流れる川が光り輝き、雪も茜色にそまる。 丹頂鶴が寝床へ帰るのか、 大きく広げたその翼も夕日に染まっている。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

冬のそり遊び

小さい頃、よく雪の坂道でそり遊びをした。 近くの公園や裏の円山でよく遊んでいた。 最近はそり遊びをする子供達の姿を 見る事は少なくなったが、木のそりが懐かしい。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

冬の摩周湖

冬の摩周湖は白い世界。 凍てつく氷が湖面を覆い、 冷たい風が氷上を駆け抜ける。 摩周湖の神秘さが冬は増す。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の道

冬の晴れた日に雪道を歩く。 ギュッギュッと歩くたびに雪の音がする。 降り返ると雪道に靴の足跡が。 目の前には雪に覆われた雪道がどこまでも続いている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウトナイ湖の白鳥たち

冬の訪れたウトナイ湖の白鳥たち。 燃えるような夕焼けに包まれて 白鳥たちも赤く染まり、 湖面に広げる羽も赤く燃えている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の帰り道

静かな冬の夜、家路を急ぐ。 凍てつく寒さに息も白く。 暖炉の前で温かなホットワインを飲む、 そんな楽しみを思うと身体も暖かな気がする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪に覆われた冬の牧場

いつの間にか辺り一面白い世界に覆われ、 牧場にも本格的な冬がやって来た。 ひっそり静まる冬の夜はいっそう冷え込み、 森の動物達も寒さを堪えているのだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more